青森県立鰺ヶ沢高等学校

Aomori Prefectural Ajigasawa High School
   令和2年度 スローガン 
       新たな挑戦 無限の可能性  
〒038-2761
青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字舞戸町字小夜72
TEL 0173-72-2106  FAX 0173-72-2510
メール配信
履歴サイト



 

SBP研究会とは

 SBP(ソーシャル・ビジネス・プロジェクト)とは、地域ビジネス創出プロジェクトを意味する略称です。これは、人口減少や高齢化の進む地域の中で、その地域の高校生が中心となって、行政や民間企業の協力の下、地域資源を活かしたビジネスを立ち上げ、自ら働く場を作り出していくことを目標にしています。

活動紹介パンフレットはこちら


活動内容
①セレクトギフト『鰺の味』制作
 地元である鰺ヶ沢町の商品を調べ、試食会を開催し、自ら仕入れ交渉を行い、セレクトギフト『鰺の味』を制作しました。中には長谷川自然牧場さんと共同開発した「ポークンジャーキー」や、いかやの由利さんの商品のシールをデザインした「イカタンスルメ」が入っています。ふるさと納税の返礼品としても採用されています。

  

②Sの絆焼き
 愛知県立高浜高等学校さんが取り組むおやきの金型製作プロジェクトに賛同し、相撲どころ鰺ヶ沢にちなんで「力士くん」というキャラクターを考え、鬼瓦職人さんに種型を造っていただき、力士くんおやきを完成させました。中身はイカメンチ、ハンバーグなどがあり、今後も新味を開発していきます。町や小中学校のイベント等で販売しています。
  

③メロンプロジェクト
 札幌市にある市民風力発電さんから声をかけていただき、鰺ヶ沢町の資源や農業について学んでいます。
  

④0歳からのSBP
 すべての世代を一つにして町を盛り上げていこうという取り組みです。
・高齢者のちょっとした困りごとのお手伝いする「困りごと応援し隊」
・小さい子にも興味をもってもらうための戦隊ヒーローショー「地域活性化マン」など
  

 

⑤胸キュンプロジェクト
 静岡県にある浜松学芸中学校・高等学校さんから一緒にポスター作りをしませんか、と声をかけていただきました。町の何気ない風景の中に胸がキュン、となるシチュエーションを入れて、地元をPRする取り組みです。
  

⑥全国高校生SBP交流フェア参加
 第一回大会から毎年参加し、ポスターセッションやワークショップを行っています。これまでSBP特別賞などを受賞することが出来ました。

  

⑦小中学校の運動会補助
 町内すべての小中学校の運動会に参加し、お手伝いやおやき販売を行いました。
  

⑧外部の方々との交流
 岩手県久慈市のINSPIREとして活動している高校生の皆さんや、マレーシアの高校生の皆さんと交流会を行いました。
  


 鰺ヶ沢町が100年後も続いていくことを願い、頑張って活動していきます!