青森県立鰺ヶ沢高等学校

Aomori Prefectural Ajigasawa High School
   令和2年度 スローガン 
       新たな挑戦 無限の可能性  
〒038-2761
青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字舞戸町字小夜72
TEL 0173-72-2106  FAX 0173-72-2510
メール配信
履歴サイト



 

校長挨拶


 東に霊峰岩木山を仰ぎ、西に恵み豊かな日本海を見下ろす本校は、昭和18年の開校以来今年で77年の歴史と伝統を誇り、11,800名を超える卒業生と地域の皆様方に支えられ今日に至ります。
 しかし、近年の少子高齢化の影響でかつての大規模校であった面影は無くなりましたが、「自律、進取、和協」の校訓のもと小規模校の特性を活かし、生徒一人ひとりを大事にする手厚い支援・指導を行い、あらゆる教育活動を通した「生きる力」の育成と地域とともに生徒の未来を創る取組を行っております。
 本校生徒は、日常の授業・特別活動以外にも部活動、地域貢献活動(SBP、鰺高ECみらい塾)やボランティア活動(白神植樹・鰺ケ沢トライアスロン・夏休みルーム等)に積極的に取り組むなど、そこで得られた達成感や自信が変化の激しいこれからの社会を生き抜く力に繋がり、日々成長し続けています。
 今後も学校・家庭・地域が一体となったキャリア教育体制を維持し、学校の活性化ひいては地域の活性化に貢献できればと考えております。本校の教育活動に対しまして、皆様方のさらなる御理解と御協力をお願い申し上げます。

(青森県立鰺ケ沢高等学校 校 長 成 田 弘 行)
 

校訓

「自律 進取 和協」

 自分で自分の行為を規制し、自己の行動に責任を持つという遵法の精神を培い(自律)、困難にめげず意欲的に新しいものに取り組み、前向きの姿勢で自ら自分の将来を切り開き(進取)、一致協力してことにあたる(和協)人間を育成する。
       
 

学校経営方針

沿革

昭和18年 4月 1日    青森県鰺ヶ沢女学校として創立
昭和23年 3月 1日    学制改革により青森県鰺ヶ沢高等学校と改称 男女共学実施
昭和26年 3月 1日    青森県立鰺ヶ沢高等学校と改称(県立移管)
昭和48年11月30日    現校舎竣工
昭和58年 3月       定時制課程閉課程
平成 5年 3月       家政科閉課
平成 5年10月22日    創立50周年記念式典挙行
平成13年 3月28日    第一体育館改築工事竣工
平成13年 4月 1日    普通科3学級から2学級編制となる
平成14年 4月 1日    普通科2学級から3学級編制となる
平成15年10月11日    創立60周年記念式典挙行
平成22年 4月 1日    新入学生より新制服となる
平成24年 4月 1日    普通科3学級から2学級編制となる
平成25年10月26日    創立70周年記念式典挙行
平成30年 4月 1日    普通科2学級から1学級編制となる
 

校章 校歌碑

 

   

校章は外側に松葉を囲み、舟の『舵』を図案化したものです。
変化の激しい時代にあっても流されず、確かな舵を取ることのできる学校を目指します。
 

校歌

  作詞:工藤祐次 作曲:赤坂とみ 編曲:川村昇一郎

1 天 離 る 雛 陸 奥 の  百 船 泊 つ る 西 の 海
  清 き 荒 磯 の 美 し 地 に  文 化 の 潮 汲 み て と る べ き
  あ あ 緑 が 丘 の 男 児 わ れ 乙 女 わ れ  永 久 の 栄 を 乞 い 祈 ま む

2 憲 法 慎 み 常 磐 な す  清 し き 松 の 操 も て
  大 和 の 真 榜 手 操 り つ つ  学 び の 道 を 践 み て ゆ く べ き
  あ あ 緑 が 丘 の 男 児 わ れ 乙 女 わ れ  高 き 生 命 を 培 は む

3 そ の 古 こ こ に ま つ り ご ち  港 を ひ ら き 産 業 を
  勤 め た ま へ る 先 賢 達 の  お ほ き み 業 を つ ぎ て 立 つ べ き
  あ あ 緑 が 丘 の 男 児 わ れ 乙 女 わ れ  建 設 の 道 精 励 ま む

4 い で や 八 潮 路 乗 り 越 え て  緋 と 燃 え さ か る 鋭 心 に
  久 遠 の 希 望 か ざ し つ つ  力 と 汗 に 奮 い 起 つ べ き
       あ あ 緑 が 丘 の 男 児 わ れ 乙 女 わ れ  か へ り み ず し て 出 で 起 た む